もやもや探検家るんの、
るんPRODUCTIONが主催する
→Pia-no-jaC←ライブ詳細はこちら

→Pia-no-jaC← Back to KUMANO LIVE 2023→Pia-no-jaC← Back to KUMANO LIVE 2023
Receive 受け取りたいこと、意図を明確化する / Understand 自分を理解する / Natural 自然体で人生を楽しむ Receive 受け取りたいこと、意図を明確化する / Understand 自分を理解する / Natural 自然体で人生を楽しむ

もやもやには
人生を楽しむための
道しるべが隠れてるっ♪

るんPRODUCTIONは"もやもやに隠れた宝を見つけて、
100%人生を遊びつくしたい人"を
"もやもや探検コーチング"でサポートするWorldwideチーム♪

るんPRODUCTIONは、
人生を楽しむステージ(変人開花度合い)を上げるための
オンラインプログラム、コミュニティなど、
人生を楽しむステージの現在地と目的地に合わせたサポートを提供しています。

誰でも簡単!
シンプル!
実践的なもやもや探検♪

シンプル・簡単・実践的だから
人生激変もあっというま♪
世界に一つだけの
"るん発明"メソッド!

るんPRODUCTIONが提供するもやもや探検すくーるでは
幸せになるのは当たり前。
極上の"人生楽しむ"を経験しよう♪

るんPRODUCTIONが提供する
もやもや探検コーチ養成すくーるでは、
あなたも、もやもや探検コーチも、
100%人生を遊びつくす♪を実践!

【もやもや探検その後の人生検証!】世界を旅する料理人ちえさん

こんにちは♪もやもや探検家るんです。

もやもや探検を実践するすくーるに参加して、もやもやに隠れた”人生を楽しむ道しるべ”を見つけたみんなの「その後の人生」を検証します♪

 

もやもや探検は、今まで100人以上が参加・実践している、

"時間と人と場所に縛られず、100%人生を遊びつくす"ためのメソッドです。

 

「会社に行くと、心がしんどいから辞めたいけど、一人では不安で、どうしたらいいかわからない。」という

もやもやを抱えた人が、もやもや探検をたくさん実践して、

もやもやに隠れた宝、"人生を楽しむための道しるべ"である、心の声を見つけています。

 

今は、世界を旅する料理人として、料理しながら世界中に友達作っていきたいという、ちえさん♪

 

インタビューを、ぜひご覧ください♪♪

るん:今日は、もやもや解消コーチ養成すくーるの卒業生のちえさんにお話を聞きたいと思います。よろしくお願いします。

 

ちえさん:よろしくお願いします。

 

るん:もやもや解消コーチの養成すくーるを卒業して何カ月ぐらいかな?

 

ちえさん:7月に卒業でしたね、去年の。

 

るん:ということは半年ぐらい?半年ちょっとか。

 

ちえさん:8、9、10、11、12、1、2、3、4。9カ月?

 

るん:9カ月。

 

ちえさん:ですね。

 

るん:なるほど。じゃあ、もやもや解消コーチの養成すくーるに入ろうと思ったというか、その前の悩みというか、どういうきっかけで入ってくれましたか?

 

ちえさん:そうですね。あれはちょうど1年ぐらい前ですけど、いろいろ悩みは抱えてたんですけど、だんだんやりたいことをやるようになっていって、るんさんのブログに行きついて、すごい直感的に「あ、これや。」っていう感じで入ったんですね。

 

で、自分がやりたいこととかこれから収入につながるようなこと、ビジネスにつながるようなことをやっていきたいなと思って入りました。

 

るん:ありがとうございます。

すくーるの間もいろいろ変化はあったと思うんですけど、卒業してからどうですか?心の変化とか状況の変化とか。

 

ちえさん:すごいありますね。

心の変化で言うと、やっぱりいつももやもやしてたところに宝があるって思えるようになって、もやもやしたときにちゃんと自分と向き合って、もやもやさんとお話する。

 

「何にもやもやしてんのかな?」って言って自分の声を聴いてあげる。

で、「そのことにもやもやしてるんだね。」って言って、ちょっと気持ちがすごく楽になるんですね。

 

で、そのときには宝はよくわからないんですけど、結局後になって考えてみたら「あのときが宝やった。」っていうことはすごくあります。

 

るん:例えばどんなことがありました?

 

ちえさん:そうですね。例えばなんだろうな。

 

いろいろやりたいことをね、1つ1つやっていって、それでもなんかもやもやするんですね。

大体いろんなことを、書き出したことをやりきったんだけどもやもやしてた。

 

「これ、なんやろう?」って思って、いろいろ感情の不安とか恐れとかいろんなものも見ていって、その先に「あ、私、この家を離れたい。」とか「この旦那さんから離れたい。」っていう気持ちが発見したんですね。

 

るん:うんうん。

 

ちえさん:それでもう、そのときに決めたけど、すぐには行動できなかったんですけど、今はもう別居してるような状態です。

 

るん:私も離婚してますけど、結構大きな決断というか、だとは思うんですけど。そのもやもやさん、離婚しようっていうことについてもやもやさんは来ましたか?

 

ちえさん:めっちゃ来ますね。

その都度、その都度、罪悪感でいっぱいになるんですけど。

 

「本当にそんなことしていいのか?」とか、

「自分のワガママでやってるんじゃないか?」とか、

「子供たちはどうするんだ?」とか、

「この先どうする?」の不安でいっぱいになるとか

そういうことはすごいあったんだけど。

 

その都度、その都度、自分に「じゃあどうしたいの?」っていう問いかけをしていったら、

「私は今のままじゃ嫌だ。」とか「ここを離れたいんや。」っていう気持ちが強いから、

「じゃあ一歩を踏み出す。目の前の扉を開けていくしかないやん。」っていう感じですね。

 

るん:なるほど。今、お家出てみてどうですか?

 

ちえさん:すごい気が楽になりました。

 

るん:そっか。「今までのもやもやの原因はコレだったんだ」って思いました?

 

ちえさん:ホントにそういう空気の中にいるっていうことが、自分を出せないから、何をやっても「私はダメやな。」と思ったりとか、ずっとそういうことで悩んでましたね。

 

るん:うん。

 

ちえさん:「何をしたらいいんやろ?」とか「私には何もできないんじゃないか?」とか、そういうところをグルグルと頭の中でサイクルしてやってました。

 

るん:なんで一緒にいると、そういう想いが出てきたんだと思いますか?

 

ちえさん:やっぱりそういうエネルギーの中に居たんやと思います。

 

るん:あー。

 

ちえさん:その空間自体が。

 

るん:うんうんうん。

 

ちえさん:もうそれが苦しくなって出たんですけど。

 

るん:うんうんうん。逃げるの大事ですね。

 

ちえさん:それで今は、結構そういうのがなくなって、そういう自分で押さえつけてたんですけど、多分。

そういうエネルギーがなくなって。

 

不安はありますけど、「なんでもやれる。」とか「なんでもやっていいんや。」とかいう気持ちになって、全然違いますね。

 

るん:うん。そっか。

 

ちえさん:はい。

 

るん:今、ちえさんのお仕事とかは今どんな感じですか?

 

ちえさん:雇われるのがしんどくなって、フリーで働こうと思って。

フリーの調理師でね、起業していこうかと思ってたんです。

 

で、「お家のご飯づくり代行します」とか、マルシェに出店したり、飲食のフォローしたり、ケータリングの料理したり。ことを起業しようと思っていたのですが。

 

るん:が。

 

ちえさん:が。こないだ断食に行ってね。

 

るん:うんうんうん。断食。

 

ちえさん:そうそうそう。断食すると、ホントの自分とすごく繋がりやすくなるんですって。

 

るん:うんうんうん。

 

ちえさん:そのときに出てきたのが、「世界を旅する料理人」。

 

るん:うんうんうんうん。

 

ちえさん:世界を旅する料理人として、料理しながら世界中に友達作っていきたい。

 

るん:うん。いいですね。

 

ちえさん:ありがとうございます。

それが思い浮かんできて。そのときは、それにワクワクしてるんですけど、可能性としては5%ぐらいしか感じてないんですね。

 

るん:うん、そうなんや。

 

ちえさん:「できるんかな?」って、私にそんな。

でもそうやってだんだんクローズアップしたり、人に言ったりとか、調べているうちにいろんな情報が入ってきて、なんかすごい今はやる気満々でできそうになって。

もう直感的に9月に出発って決めました。

 

るん:そうなんや!

 

ちえさん:はい。で、そのためにちょっと今、アルバイトしようと思って始めるところです。

 

るん:うーん、そうなんですね。素敵です。

どこに行くんですか?どこの国に行くんですか?

 

ちえさん:すごい妄想なんですけど、まずは台湾の友達のゲストハウスのところから出発して、次チェンマイ。そのあとがオーストラリアでウーファーってわかります?

 

るん:あー、わかります。あれですよね、ヘルピックスみたいなやつですよね?

 

ちえさん:そうだと思います。

農業体験。お金貰わずに農業体験させてもらって、住まわせてもらってご飯食べさせてもらうっていう制度があるんですけど。

それでしばらくオーストラリアに居て。

 

そこからハワイのオアフ島がすごい良いらしくって。ハワイ行って。

 

で、アメリカのサンフランシスコの、前にホームステイした辺りに行って、そこからヨーロッパに飛ぼうかと。

 

るん:おー。すごーい。

 

ちえさん:これはホントに勝手な妄想で。喋ることで現実になるかなと思って喋ってます。

 

るん:うんうん、そうですね。

 

うちも、今、全然開けてないですけど、るんカフェというカフェをやってて。

今、ちえさんが言ってたやつと似てるヘルピックスっていう、

それは別に農家とかじゃなくっても普通にカフェとか普通のお家とかもあるんですけど、

 

手伝ってほしい人が募集をかけたら、いろんな旅人とかが応募してくれて、

うちに、どこやったっけな。オランダの人か。オランダの女の子が来てくれて2週間ぐらいうちに住んで、

ご飯とかは私が提供して、

 

その代わりにカフェでお客さんきたらピアノ弾いてくれたりとか、私の経理的なこととか手伝ってくれたりとか、そういうのやってました。

 

ちえさん:すごいですね。いい制度ですね、そういうのね。

 

るん:そうですね。またヘルピックスもぜひ見てみてください。

 

ちえさん:はい。ヘルピックス。

 

るん:ヘルピックス。

 

ちえさん:書いとこ。ヘルピックス。

 

るん:あとカウチサーフィンとかも、無料で泊れるし。

 

ちえさん:カウチサーフィン。そうなんだ。

 

るん:そうそう。私、カウチサーフィンでいろんな国で泊らせてもらって、結構現地の人がご飯作ってくれたりとか、私がお寿司作ったりとか。

 

ちえさん:あー、すごい。

 

るん:うん。結構喜ばれるので、ちえさんもきっと合うかなと思います。

 

ちえさん:へー。ホントですね。でも私、るんさんほど英語できないんですけど。

 

るん:あー。まぁ大丈夫です。

 

ちえさん:大丈夫かな?そこが一番心配。旅行英語とか、多少の会話ぐらいはできるけど。中学生程度。

 

るん:私、前、上海でホームステイしてたとき、そこの主は旅行行って居なかったんですけど、そこの会社の人がずっと私のお世話をしてくれて。その人も全く英語喋れないんですよ。

 

ちえさん:あー、ホントに。

 

るん:で、ずっとアプリで、中国語で喋って、英語に変換したり日本語に変換したりみたいな。

 

ちえさん:へー。

 

るん:その翻訳もスマホさえあればなんとかなるから。アプリとか入れとくといいと思います。

 

ちえさん:そうですね。

 

るん:へー、そうなんや。楽しみですね。

 

ちえさん:はい。

 

るん:じゃあ、ちえさんは、私のもやもや探検コーチングをもし受けてなかったら、人生はどう変わってたと思いますか?

 

ちえさん:どうやろな。

まずやっぱり、ビジネスのシステムっていうか、全然わかってなかったやろうなと思いますね。

 

だからこれからそういうことも含めて、その旅のことも含めて発信していって、

それが自分のライフワークになっていく。料理することっていうことがライフワークになっていきたいから。

そこでの方法っていうのは全く分からなかったっていうのが1つと。

 

あとは、そうですね。やっぱり「自分を生きる」とか、「自分の本音で自分と会話する」っていうことはやってはいたんですけど、そこまで深くはできなかったと思いますね。

 

るん:なるほど。ありがとうございます。じゃあ、今、もやもや探検すくーるに入ろうかどうか迷ってる人に、何かちえさんから一言あれば。

 

ちえさん:あー、そうですね。

やっぱりビジネス学ぶだけじゃなくって、やっぱり自分をちゃんとコントロール。コントロールじゃないな。

自分と仲良しになる方法。

 

自分の本音に気づく方法とか、もやもや来たときにどのようにそれを宝に変えていくかっていうことが、ちゃんと教えてもらえるんで。しっかり教えてもらえるんで。

 

それは手に入れたら一生の宝物になるんで、ぜひ教えてもらった方が良いと思います。

 

るん:はい、ありがとうございます。ちえさん、コーチングはしないんですか?

 

ちえさん:コーチングします。だから、旅するときとかにね、やっぱりコーチングも。例えば私みたいに自由に生きたい人をコーチングしますみたいな感じで、セッションしながら旅しようかなと思ってます。

 

るん:あー、素晴らしいですね。

 

ちえさん:そうなんです。

 

るん:ぜひ生かしてください。ありがとうございました。

 

ちえさん:ありがとうございます。

 

×